自己破産の流れ.com ※自己破産する前に必読!

自己破産の時効は5年〜10年? 思わぬ自己破産のデメリット

債務整理をしますと、いくつかその後の人生で制限されるところが出てきます。
その点を、理解しないで自己破産などの債務整理をしてしまうことはなんとしてでも避けなければいけません。

 

そこで債務整理で人生を制限されるということですが、注目していただきたいのが信用情報です。
信用情報は人生のいろいろな場面でかかわるものです。
例えば、消費者金融を利用する時や、銀行でローンを利用する時、
そしてクレジットカードを作成する時にもかかわりがあります。
自己破産の本当のデメリットとは?

 

その信用情報ですが、自己破産をすると金融事故としてしっかりと記されます。
その情報を見て上記のような制限が出てきてしまいます。
消費者金融や銀行のローンが利用できなくなります。
そしてクレジットカードの新しい作成もできなくなります。
生活がしづらくなるケースも十分に考えられます。

 

しかし、いくら自己破産をしたからといって時効がないわけではありません。
信用情報の記載についても一定期間で終了します。
その期間ですが、5年間から10年間と言われています。
自己破産は債務整理の中でも重いものになりますので、10年間に近い場合もあります。
その点はしっかりと把握したうえで実際に自己破産を実行されるべきです。